アルメニアのおすすめ観光地!エレバン以外にも周ってみたい場所

アルメニア

こんにちは、アルメニアでFIREムーブメントを実践している外見マフィアなHirokiです。

アルメニアは豊かな歴史を持つ国で、ここ最近は観光客も増えていることから観光地としても人気が高まっています。

キリスト教を国教に定めた初のキリスト教国であるため、日本人にとってはまるでファンタジー世界から飛び出したと思える数々の宗教施設や、コーカサス山脈に抱かれる迫力満点の景観が楽します。

アルメニアにはとても多くの観光地がありますが、アルメニアに住んでいる僕が今まで行った中で、特におすすめしたい場所をまとめていきます。

アルメニアの観光地1:エレバン

エレバン

アルメニア最大の都市である首都のエレバンは、訪れたい場所と言うか、国際空港がエレバンの近くにあるので、ほぼ確実に訪れるであろう観光地です。

エレバンを訪れた際には絶対に訪れることになるであろう、踊る噴水で有名な共和国広場や共和国広場に隣接する歴史博物館。

さらに、エレバン中心の北側に位置するカスケードを登った先にある、ロシアの第2次世界大戦の勝利を祝って作られた記念碑は見ておくべきです。

他にもエレバンには、

  • アルメニア人虐殺記念碑
  • 週末に開催されるベルニサージ(青空市場)
  • フラズダン峡谷
  • アルメニアで唯一機能しているイスラムの宗教施設「ブルーモスク
  • エレバンの高級通り「ノーザンアベニュー
  • 夜に多くの人が訪れるワイン通り「サリヤン通り

など、コンパクトな街がらも見るべき場所が多くあります。

またエレバンでは近年、外食産業の成長が著しいため、味やサービスもかなり高いだけでなく、アルメニア料理を始めとして他の国の料理も楽しめます。

さらに、カフェの街として知られるエレバンでは至る所にカフェがあって、ほぼどこでも無料のWifiが利用できるので、ちょっとした休憩にも最高です。

ちなみに、アルメニアは小さい国であるため、国内の観光地のほぼ全てはエレバンから日帰りで訪れることが可能です。

アルメニアの観光地2:セバン湖

セバン湖

アルメニアの中央部にあるセバン湖は国内最大の湖で、また、大規模な湖としては世界で最も海抜の高い約2000mを誇る場所

アルメニアは内陸国で海がないため、現地のアルメニア人にとっては海代わりに泳いだり、日光浴をしてリラックスする場所として人気です。

また、湖の周りには美しい修道院もいくつかあり、中でもセバナバンクと呼ばれる修道院はセバン湖周辺の観光地としては最も人気で、ちょっとした高い台にあるため、そこから見えるセバン湖と周りを取り囲む山々の景観は最高です。

他にも、湖ではウィンドサーフィンが楽しめたり、湖のビーチではバーベキューなどが楽しめます。

そして、湖畔によっては幾つかのシーフードレストランが立ち並んでいるので、現地で取れる「イシュカン」と言う名前のマスを試してみましょう。

アルメニアの観光地3:ガルニ・ゲガルド

現地では「ガルニ・ゲガルド」と呼ばれるので、一見すると一つの場所の名前かと思うかもしれないですが、「ガルニ神殿」と「ゲガルド修道院」という二つの建造物が近くにあるため、そう呼ばれています。

どちらともエレバンから30分程度車で走ったところにあります。

ガルニ

ガルニ神殿はアルメニアに残っている唯一のヘレニズム建築と言われ、この地にまで古代ギリシャの影響があったことを物語っている歴史的建造物で、古代ギリシャの神殿としてイメージされる典型的な建物です。

ちなみに、この神殿のすぐ目の前は、下に鋭く切り込んだ谷間が凄くて世界自然遺産にも登録されているアザト谷があります(ガルニ神殿に行けば見れます)。

ゲガルド

一方でゲガルド修道院は、世界最古のキリスト教国であるアルメニアのキリスト教を象徴する修道院の一つで、岩山に作られた修道院はもちろん、岩肌を掘って作られた洞窟が修道院の一部として利用されているなど、まるでゲームのファンタジー世界を現実に持ち込んだような場所です。

基本的にアルメニアを初めて訪れた人は、この二つの観光地をセットで訪れることになると思います。

アルメニアの観光地4:ディリジャン

ディリジャン

ディリジャンはエレバンから北の方へ2時間ぐらい車で行ったところにある街で、現地では保養地の一つとして知られている場所です。

アルメニアの山々の多くは、木がほとんど生えていない荒涼とした山肌を持っているのが特徴ですが、ディリジャンを囲む山々には日本の山と同じく多くの木が生えていて、秋になると紅葉を楽しむことが出来ます。

このような大自然から、ディリジャンの近くにはディリジャン国立公園というアルメニアに存在する4つの国立公園の中で最も美しいとされる国立公園があり、訪れた人はハイキングなどをして自然を楽しみます。

また、この国立公園はミネラルウォーターの源泉や自然の美しさで知られています。

さらに、

  • ハガルツィン修道院
  • ゴシャバンク修道院
  • マトサバンク修道院
  • アクナバットゥ教会

など、キリスト教国としてのアルメニアを知る上で非常に意義の高い観光スポットがあるので、アルメニアの自然と文化両方を楽しみたい場合にもおすすめです。

アルメニアの観光地5:アラガツ山

アラガツ山

国内最高峰のアラガツ山は、エレバンから車で1時間ちょっとあれば到着する人気な観光地の一つです。

アルメニアは山岳地帯が広がる国で、アラガツ山はそんなアルメニアにおいて最も壮大な自然の景観を楽しめると言える場所で、余裕があるなら訪れてみるのをおすすめします。

ただし、高い標高のために頂上付近は寒くて雪が積もっていることが多く、訪れるなら基本的に真夏である7月から9月じゃないと難しいと思います。

ちなみに、アラガツ山の頂上の手前には、ハシュ(Khash)と呼ばれるアルメニアの伝統料理を食べられる店があり、雄大な景色と寒い気温の中で食べるハシュは最高なので、時間があれば絶対に試してみるべきです。

(ハシュについては下の記事で説明してます)

アルメニア料理・食べ物のおすすめ13品を紹介してみる。

それと、エレバンからアラガツ山へ行く際には、少し遠回りになりますがアンベルド要塞と呼ばれる観光地に立ち寄ってみるのも凄くおすすめです。

このアンベルト要塞が建っている場所には、廃墟となった要塞だけでなく、修道院やその横に広がる広大な峡谷もあります。

アルメニアの観光地6:アルピ湖

アルピ湖

アルメニアのシラク県に含まれ、北の隣国ジョージアとの国境近くにあるアルピ湖は、サイズこそセバン湖には全然敵いませんが、長期でアルメニアに滞在するなら一度は訪れてみたい観光地です。

セバン湖はシーズンによっては込み合いますが、アルピ湖はもっとゆったりと楽しむことが出来るのが優れた点で、また、近くには約100種類の鳥たちが住むアルピ国立公園があります。

さらに、アルピ湖の周辺は多くの草花が生い茂っているので、春から夏にかけていくと想像を絶するぐらい綺麗な景色を見ながらキャンプや散策を楽しめます。

ただし、この湖の海抜はセバン湖よりも高いので、真夏であっても念のために長袖を持って行った方がいいです。

アルメニアの観光地7:ノラヴァンク

ノラバンク

修道院はアルメニアが誇る観光スポットの1つですが、その中で最も美しいとされるのがノラヴァンク修道院です。

エレバンから南へ車でおよそ2時間半〜3時間ぐらいのところにある修道院で、山の上に建てられて赤レンガ色の建物であるのが特徴。

そこには、アストヴァツァツィン教会が建っていて、何百年も前にモンゴル人がアルメニアに攻め込んできた時、神はこの修道院を救ったと言われています。

また、山の上にあるノラヴァンクから見渡す周囲の山々の岩肌や、下に見える大自然は迫力満点です。

ちなみに、ノラヴァンク修道院の前には小さな軽食屋がありますが、山を下った辺りには美味しい料理を出すレストランがいくつかあるので、急がないのであれば山を下った所で食事にした方がいいと思います。

それと、ノラヴァンクは数あるアルメニアの修道院の中で最も素晴らしいと思うので、時間がなくて一箇所しか訪れることが出来ないなら、このノラヴァンクがおすすめです。

アルメニアの観光地8:ホルヴィラップ

ホルヴィラップ

ホルヴィラップは、エレバンから南へ車で40分ほど行った所にある修道院で、ノラヴァンクへ行く途中に立ち寄るのがおすすめな観光地。

現在はトルコ領に入ってしまっていますが、アルメニアの象徴として存在してきた雄大なアララト山を眺めることが出来る場所です。

また、西暦642年に建てられたホルヴィラップのチャペル(教会の礼拝堂)は、現地のアルメニア人によって結婚式を挙げる場所として使われることもあるので、タイミングによっては現地の結婚式を見ることが出来るかもしれません。

それと、ホルヴィラップの教会には、もの凄く狭い空間を通り抜けて辿り着く地下空間があるので必見です。

アルメニアの観光地9:ギュムリ

ギュムリ、アルメニア

ギュムリはエレバンから車でおよそ2時間のところにあるアルメニア第二の都市ですが、1988年に起こった大地震によって未だに多くの建物が倒壊したままになっています。

なので、第二の都市と言っても、そこまで見るものがないですが、ギュムリにはソビエト時代前の建築物が残っていたり、また大地震時には日本の自衛隊も大活躍したので、時間に余裕があって文化や歴史的な側面を感じたいなら訪れても良いかもしれません。

行き方は車が最も便利だと思いますが、エレバンの中央駅からは1日に2本ぐらい電車が出ていたような気がする(間違っている可能性もあります)ので、本数が少なくて不便ですが電車が良い場合は検討してください。

ちなみに、ギュムリの郊外にはCherkezi Dzorと言う川魚専門のレストランがあって、とっても料理が美味しいのでおすすめです。

アルメニアの観光地10:ヴァナゾル

ヴァナゾール

アルメニア第3の都市と言われるヴァナゾルは、アルメニア北部にあってエレバンから1時間ほどで行ける観光地。

エレバンは夏になると最高気温が40℃になることがあるなど非常に暑いので、現地の人にとってはちょっとした避暑地として、また冬はスキーリゾートとして人気です。

さらに、ヴァナゾルが位置するロリ地方は非常に美しい自然を誇る地域なので、ロリ地方散策のための中心地としても利用出来ます。

ちなみに、ロリ地方にはたくさんの源泉があって周辺には数々のスパがあるため、旅行での疲れを癒す目的で1~2日ぐらい訪れてゆっくりするのが良いかもです。

アルメニアの観光地11:ツァフカゾール

ツァフカゾールはヴァナゾールと同じようにスパリゾートとして知られ、特に冬にはアルメニアで最も人気なスキーリゾートになります。

エレバンからセバン湖へ行く途中の道から辿り着くことが出来て簡単に行けるので、冬の時期にアルメニアに来るならおすすめの観光地です。

ちなみに、ホテルなどの観光施設もしっかりしているだけでなく、アルメニア国内で最も有名なセネター・ロイヤル・カジノという複合施設があるなど、エンタメを楽しむ場所としても良く、近くにはケチャリス修道院と呼ばれる文化的な観光スポットも存在します。

アルメニアの観光地12:タテブ

タテブ

エレバンから南へ車で5~6時間かかるところにあるのが、タテブと呼ばれるアルメニア使徒教会の最大にして最高傑作とも言える修道院で、時間的余裕があるなら、僕個人的には最もおすすめしたい観光地です。

ヴォロタン川を望む峡谷の端に建てられた大規模な修道院で、現実世界に存在するとは思えないような空想感溢れる建築物。

また、近くのハリゾール村からはケーブルカーが通っていて、そのケーブルカーから眺める峡谷の景色も最高です。

エレバンからタテブを訪れる場合、一日掛かりの旅になってしまうので、ゆっくりしたい場合は途中にあるホテルなどに泊まるプランを計画する方がいいです。

アルメニアの観光地13:カラフンジ

カラフンジ

カラフンジはエレバンから南の方にあって車でも3~4時間かかるので、ここだけの為に訪れるのは難しいかもしれませんが、タテブへ行く途中に時間があるなら絶対に訪れたい観光地です。

シュニク地方の都市シシアンの近くに位置し、200以上の巨大な石があって中心部には40の立石が円状に並び、アルメニア版ストーンヘンジと称される歴史的な場所です。

また、7500年前辺りに建てられた天文観測所と考えれられており、天文観測施設としては世界最古だと言われます。

アルメニアの観光地14:ジェルムック

ジェルムック

アルメニアにはジェルムックと呼ばれる水のブランドがありますが、そのジェルムックの元となっているのがアルメニアの南に位置するジェルムックという名の山に囲まれたスパリゾート。

美しい木々が生い茂り、元々水が綺麗なアルメニアの中でも特に美しい水を誇ります。

車でも4~5時間掛かるので簡単に行ける場所ではないですが、夏は美しい緑に囲まれて非常に美しいです。

こちらの記事もおすすめです

アルメニアのおすすめ観光地!エレバン以外にも周ってみたい場所のまとめ

アルメニアにはまだまだ多くのおすすめしたい観光地があるので、今後も少しずつ追加していこうと思います。

アルメニア観光の際には参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です