海外移住のメリットとデメリットを経験から比較してみる

海外移住

こんにちは、アルメニアでFIREムーブメントを実践している外見マフィアなHirokiです。

僕はアルメニアという「外国」でFIRE生活を行っているわけで、つまり海外移住しています。

また、過去にはアメリカに1年半住んでいたり、オーストラリアへ留学で約5年間住んでいたこともあるので、その意味で海外に住んだ経験は比較的豊富で、海外移住の良し悪しも結構分かっていると思ってます。

そこで、僕が思う海外移住のメリットとデメリットをそれぞれ述べていきたいと思います。

海外移住のメリット

海外旅行

海外移住のメリット① 最初の数ヶ月は毎日が旅

僕が感じる海外移住のメリットとして、まず第一に挙げたいのが、海外移住をすると最初の数ヶ月は、結構毎日が旅のような感覚になって楽しいというのがあります。

日本とは異なる新しい街や国に住むのだから当たり前ですが、国内にある別の都市にいくだけでかなり楽しめるし、近所を探索するだけでも今まで見たことがない光景を目にすることが出来て毎日が楽しいです。

さらに、まだ行ったことがなかった小さな商店や、現地の人も知らないような穴場のレストランを見つる楽しみ方は、期間が短くて訪れる場所がパターン化されている通常の海外旅行では難しく、海外移住だからこその楽しみと言えるかと思います。

他にも、移住先の国が大陸にあるのなら、隣国へ直ぐに行けるので、その点で海外旅行も楽しめます。

僕の場合は数ヶ月ぐらいで現地に慣れてこの「旅」の感覚は無くなってしまうんですが、工夫をすればもっと楽しむ期間を伸ばせるかもしれません。

海外移住のメリット② 日本の枠から外れる

海外移住をするってことは、完全にではないですが日本の社会から外れるってこととほぼイコールです。

タイのように日本人移住者の数がとても多い、いわゆる「日本人村」で暮らさない限り、基本的に普段の生活の大部分は日本社会の枠組みから外れます。

特に日本国内の日本社会って「同調圧力」があって、例えば、

  • 大企業に勤めなくちゃいけない
  • 良い大学に行かなくちゃいけない
  • 年収○○以下は負け犬
  • 空気を読めない奴は終わってる

などと、とにかく「当たり前の常識」や「レッテル」が多いです。

この常識やレッテルに従わない生き方をしている人はよっぽど大きな成功をしない限り、周りから白い目で見られるなど、なかなか息苦しい社会だと思います。

でも、世界のほとんどの国では日本で常識とされている多くのことが非常識になるわけで、「海外移住をする同調圧力社会ニッポンから出て行く」ってことなので、今までの「常識」による息苦しさから解放されます

これって、日本の社会に合わないと感じている人にとってはかなりのメリットなんじゃないかと思います。

海外移住のメリット③ 異文化体験がめっちゃ楽しい

異文化体験

海外移住をして新しい国に住むというのは、毎日、日本とは異なる文化に住んでいる人たちと接するということで、この異文化体験は楽しいです。

移住先がどこであれ、実際に現地の人や文化に触れて得られる知識と体験は得難いもので、例えばインターネットやYoutubeの動画を通して頭だけで学べるものとはかなり異なります。

また、この異文化の中で暮らしていく体験を長期に渡ってしていくと、それまでの価値観が塗り替えられたりして、新しい気づきを得て、結果的に自分の希少性を高めることに繋がると思います。

それと、移住先で楽しく暮らすためには否が応でも外国語をある程度は習得しなくてはいけなくなるので、語学力を伸ばすのにも良いですね。

海外移住のメリット④ 個人的成長

異文化体験のところと重なる部分があるんですが、海外移住は個人的な成長という大きなメリットがあると思います。

初めての国へ移住すると全く新しい環境や状況に置かれ、最初は戸惑います。ただ、それは一方で、個人的な成長を促す上でかなり良い方法だったりします。

実際、僕の場合は日本を初めて出たのが高校を卒業後だったんですが、それまではイジメられっ子で毎日とても辛かったです。

イジメられっ子だった理由は「周りに合わせるのが苦手だった」って点だと思います。

しかし、初めて住んだ外国が多民族国家のアメリカで、そこでは周りに合わせるのではなくて、

  • 周りとは違うことを受け入れて自分自身を出していく

ことの方が良しとされます。

この違いに最初は戸惑ったものの、それを受け入れてからは「自分自身を出して良いんだ」という気持ちになって、気持ちも前向きになって自信を持て、それまでのイジメられっ子だった自分から脱皮して大きく成長出来たと思います。

個人的には、海外で経験する精神的成長はとても重要だと感じています。

海外移住のメリット⑤ 全く新しい人間関係

外国へ移住することはまた、コミュニティの繋がりや人間関係が大いに広がるメリットを持っています。

これ、かなり貴重なメリットだと思ってます。

日本だと絶対に手に入らなかったであろう海外での人脈やネットワークは、自分の精神的な拠り所を増やしてくれるだけでなく、ビジネス面でも大きなアドバンテージになります

例えば僕の場合だと、日本人が持っていないネットワークや人間関係が価値となって、日本の会社からたまに仕事の相談がきたりします。

これって凄く良くないですか?

海外移住のデメリット

海外移住

海外移住に限らず、どんな決定事でもメリットがあればその逆もあります。

海外移住のデメリット① カルチャーショック

海外移住を含め、長期に渡って外国で暮らす場合、デメリットとして良く挙げられるのがカルチャーショックです。

カルチャーショックを引き起こすものはさまざまですが、よくある原因は価値観の違いにとどまらず、生活状況、食べ物、交通、社会的マナーなども含まれます。

僕もアメリカとオーストラリアに行った時には全くカルチャーショックというものを経験したことがなかったので、「自分はカルチャーショックに強い」と思い込んでいたんですが、2009年に初めてアルメニアに4ヶ月滞在することになった当初、初めてのカルチャーショックを受けました

当時のアルメニアは現在のアルメニアとは「全く別の国」と言って良い感じの状況で、街を歩く外国人(特にアジア人)はほぼゼロ。

道を歩くアルメニア人男性達は皆黒い服に先が尖った革靴を履いて、サングラスを掛けてグループで歩いていたなど、ソ連時代の悪しき習慣(?)の様なものが残っていました。

そんな状況だったので、現地のアルメニア人の考え方も先進国諸国のそれとはかなり異なり、初のカルチャーショックを経験し、最初の2~3ヶ月は毎日外を歩くことも辛かったです。

人によっては、カルチャーショックのせいで鬱気味になって、結局日本へ戻ってしまうなんて場合もあるので、これは海外移住で起こり得るデメリットだと思います。

海外移住のデメリット② 言語の壁

新しい国に移り住んだ場合、言語の壁というのも一つのデメリットだと思います。

英語圏の国であれば、多くの日本人はある程度の基礎があるのでまだ良いかもしれませんが、アルメニアの様に主な言語が英語でない国に行くと、現地の人との共通語がないことでかなりの制限を強いられたり疎外感を感じたりします

さらに、この言語の壁もカルチャーショックの原因になりえます。

僕の場合は英語を問題なく使えるので、アルメニアでも英語を喋る人と繋がることでなんとかやっていますが、英語もおぼつかない状況だとかなり辛かったと思います。

これに関しては、現地に行く前に現地の言葉をある程度学んでおいたり、現地に行ったら言葉を学び始めて最初の数ヶ月間は我慢するか、その状況を楽しめるぐらいの感覚が必要です。

海外移住のデメリット③ 仕事を得るのが難しい

仕事

これは、海外移住のデメリットの中でもしっかりと理解しておきたいデメリットだと思います。

日本人が日本とは異なる国に住んだ場合、基本的には仕事を見つけるのはかなり大変です。加えて現地で使われている言葉が問題なく喋れない状況だと、その難易度は一気に跳ね上がります

そのため、日本とインターネットなどで繋がって遠隔でも仕事を出来たり、十分な資金がない人にとって、海外移住は当初、資金面で結構なリスクを抱えていると思います。

僕からのアドバイスとしては、

のがおすすめです。

海外移住のデメリット④ 日本の社会に戻るのが難しくなるかもしれない

また、日本とは文化の異なる国へ長期に住めば住むほど、将来的に日本へ帰って社会へ溶け込むのが難しくなる可能性があると思います。

これについては、

  • 日本でのキャリアが途切れているため日本国内での仕事が見つけにくい
  • 大多数の日本人とは異なる考えになってしまっているため話が合わない
  • 長期で離れていたため人間関係が限られている

などの点を理由として挙げられます。

なので、将来的には日本へ帰りたいけど海外移住もしてみたいという人は、

  • 海外移住の期間を明確にする
  • 日本に戻った時も仕事に就けるような状況を作っておく(仕事をしなくても良い資産があるのなら別)
    • 日本に帰って役立つ人脈を形成する
    • 日本でも重宝されるスキルが必要な仕事に就く など
  • 日本の友達や知り合いには移住後も積極的に連絡を取る
  • その上で将来日本に戻っても問題ないかのリスクを判断する

というのが大切だと思います。

こちらの記事もおすすめです

海外移住のメリットとデメリットを経験から比較してみるのまとめ

僕個人の経験から感じる、海外移住のメリットとデメリットを紹介してみました。

海外へ移住するのは、日本の別の県へ引っ越すのと全く異なります。

なので、日本では得られないような大きなメリットがある代わりに、デメリットもあるので、海外移住を考えている人は事前にいろいろと入念に調査してから決めた方が良いです。

ただ、最終的には「勢い」が大切なのは事実なので、究極的には試したいならまず試してみた方が良いと言えるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です